新たな収入を得たいと思うのは現代で働く社会人では当然のことです。株式投資に関する疑問はこのサイトでばっちり解決しましょう!

  • ホーム
  • 投資の益金が毎月出るタイプはメリットを考えて

投資の益金が毎月出るタイプはメリットを考えて

投資には様々なタイプがあり、中でも益金を分配するタイプの物は人気が高くなっています。
投資には様々な法律があり、益金を一定以上分配することで、税金の優遇を受けられる投資法人なども存在しています。
そのため、分配も毎月一度というものから、年に一度というものまで幅広く揃っており、リスクは支払いのタイミングに応じた取引も活発になる傾向があります。

注意しなければいけないのが、毎月益金を支払うタイプの投資は、利益が薄くなる傾向にあると言う事です。
これは、益金の分配のたびに元本が減る計算になるため、成長性が弱く、利益率が薄くなる事に由来しています。
そのため、どれだけの期間預けて益金の分配を受けるかでも大きく内容が変わってくるのです。
長期的な視点で比較した場合は毎月分配タイプは利益率が低いため利益を得るには向いていない事になります。
毎月の益金を分配するタイプであれば、短期間に集中投資をし、ある程度利益を得られたらすぐに引き上げる準備をしておく必要があります。

また、想定以上の損失が出そうな場合も早めに切り上げるのが常套手段です。
必ず設けると言う保証がないのが投資の世界のため、まず資金を失わないように、被害が出ても最小限に抑えるのは基本中の基本なのです。
逆に、長い目で投資を行い、数年後数十年後の財産にしようと考えるのであれば、長期投資の方が向いています。

年に一回の益金をさらに積み立てていくと言う方法もあります。
自分の目的と、時流に合わせてどれだけ柔軟に対応できるかを踏まえて、短期向けか、長期向け化を考える事は非常に重要です。
時間をかければかけるほど、些細な利益の差が大きく積み重なって財産となるのです。

関連記事