新たな収入を得たいと思うのは現代で働く社会人では当然のことです。株式投資に関する疑問はこのサイトでばっちり解決しましょう!

  • ホーム
  • 社会人が投資をする際に気をつけることまとめ

社会人が投資をする際に気をつけることまとめ

会社勤務している社会人が投資をする時には気をつけなけれればいけません。
まず投資家とは違い時間に制約があります。
会社で仕事をしているうちは投資ができませんのであまり値動きの大きな株式投資をするのは避けましょう。
どうしても勤務中に株価が気になるようでしたら自動取引をするのもおすすめです。

事前にどれくらいの株価になったときにトレードをするのかを決めておけば勤務中に予想外の動きがあった時にも勝手にトレードしてくれるので慌てることもありません。
家に帰ればゆっくりとしたいところですが情報の入手は決して怠ってはいけません。
これを習慣にするかどうかで今後の取引きの運命が変わることもあります。

他にも気を付けなければいけないのは税金です。
投資で得た利益は申告しなければいけません。
サラリーマンの場合は通常確定申告はしませんが利益が出た場合には必ずしてください、そのまま放置していますと追徴課税になってしまいます。
また逆に損が出た場合にも申告しましょう、そうすれば払いすぎた税金を取り戻すこともできます。
ちなみに会社によっては副業を禁止していることもありますが投資の場合はアルバイトなどとが違いますので問題はありません。

あと気を付けてもらいたいのは投資をしていることをあまり会社の人に口外しないことです。
別に悪いことではないのでいいように思われますがあまりお金のことを人に話すべきではありません。
人によって違いますが投資をギャンブルのようなものだと思っている方もいます。

また意識高い系の面倒な人だと思われたり金にがめつい人だと思われる可能性もあります。
ですので避けたほうがいいでしょう。
これらを守っていれば社会人でもいい資産運用ができます。

関連記事